沖縄県中部電気工事業協同組合のサイトです。電気工事のことならご相談を!

  • 沖縄県中部電気工事業協同組合 電気は大切なライフライン! 守っているのは私たち!
  • 沖縄県中部電気工事業協同組合 電気は大切なライフライン! 守っているのは私たち!
  • 沖縄県中部電気工事業協同組合 電気は大切なライフライン! 守っているのは私たち!
  • 組合企業情報
  • 求人情報

お知らせ・イベント情報

中部電協第46回通常総会理事長挨拶

中部電気工事業協同組合 代表挨拶

中部電気工事業協同組合
理事長 大城 政明

平成29年度を振り返りますと、県内の建設業界に於いては、公共・民間とも好調に推移していますが、人手不足の影響から人材の確保・育成が喫緊の課題となっています。....つづく

組合概要

名 称
中部電気工事業協同組合
所在地
〒904-2244 沖縄県うるま市字江洲675番地1
組合の地区
沖縄市、うるま市、北谷町、金武町、北中城村、恩納村
組合員数
143業者
役員数
理事9人  監事2人
職員数
9人
組合の事業
1.共同購買事業
2.事務代行事業
3.指導教育及び情報提供に関する事業
4.福利厚生に関する事業
5.労働保険事務組合
6.保守センター活動
7.一般用電気工作物竣工調査業務
8.人材育成事業
9.前各号に附帯する事業
組合員の資格
1.電気工事業法に基づく電気工事業者であること
2.地区内に事業所を有すること
組合への加入
組合員たる資格を有する者は、本組合の承諾を得て、組合に加入することができます。

組合沿革

昭和47年
5月10日
組合設立総会 組合員47人
11月2日
沖縄県知事から組合認可がおりる。
11月20日
中部電気工事業協同組合登記完了
昭和48年
3月8日
中央配電株式会社と協議の上、電気供給申込み事務代行業務が開始された 。
昭和49年
3月8日
沖縄県知事から「労働保険事務組合」認可がおりる。
8月1日
共同購買事業が開始された。
昭和62年
6月11日
青年部設立総会
平成2年
2月1日
電気設備保守センター業務開始。
平成3年
6月21日
沖縄県労働保険事務組合連合会から 優良事務組合表彰受賞
平成4年
11月2日
創立20周年記念式典と祝賀会
(平成5年3月31日 創立20周年記念誌発行)
平成5年
9月9日
九州中小企業団体中央会連合会から 優良青年部表彰受賞
平成6年
9月8日
九州中小企業団体中央会連合会から 優良組合表彰受賞
平成7年
10月26日
組合事務所落成祝賀会
10月30日から新館で組合業務が開始された。

11月7日

沖縄県青年中央会20周年記念大会にて 模範表彰受賞
平成13年
1月25日
中部電協でんき温水器協力店会結成大会及び祝賀会。
10月25日
第53回全国中小企業団体全国大会において、優良組合表彰受賞
平成14年
3月21日
一般用電気工作物竣工調査業務開始
11月20日
創立30周年記念式典と祝賀会
平成19年
11月20日
創立35周年記念式典と祝賀会
平成20年
6月30日
うるま市 災害時における応急対策等の支援における協定書の締結
6月30日
金武町 災害時における応急対策等の支援における協定書の締結
7月29日
沖縄市 災害時における応急対策等の支援における協定書の締結
9月17日
北谷町 災害時における応急対策等の支援における協定書の締結
平成29年
8月21日
北中城村 災害時における応急対策等の支援における協定書の締結

組合組織図

中部電気工事業協同組合 組合沿革

全日電工連「総合補償制度」への加入

1.弔慰金・見舞金制度 PDF

組合員の代表者の方が、万一の場合や組合員登録事務所が罹災にあった場合などに弔慰金・見舞金をお支払いする制度です。加入費(年額600円)で次のような場合、給付金が給付されます。

弔慰金・見舞金額
弔慰金額 電気工事中の事故死 10万
上記以外の死亡 2万
見舞金額 火災・風水雪害によ営業所の全半焼・全半壊・流出* 10万
水災による営業所の床上浸水 5万
地震・噴火・津波による営業所の全半焼・全半壊・流失* 10万
災害による立入禁止、避難命令その他の処置が行われ
7日以上営業所に立入りができなくなった場合
10万
電気工事中の事故により7日以上入院した場合 2万

*延べ床面積の50%以上を焼失、倒壊または流失したことをいいます。
※加入費(年額600円)は、組合負担で加入。予算額9万円

2.第三者損害賠償制度 PDF

この制度は、電気工事の作業中、あるいは作業完了後に発生した不測の事故で、第三者の身体、または、財物に損害を与えたことにより、組合員が法律上の損害賠償責任を負担した場合に、それによって被る損害を肩代わりするのが第三者損害賠償制度です。
※加入費(年額11,880円)は、組合負担で加入。予算額161万円

3.組立保険制度 PDF

工事期間中の機械、設備、装置等が不測且つ突発的事故で損害を受けた際、その復旧に要する費用をお支払いする制度です。多くは公共工事の場合、発注者から義務づけられる保険です。

4.業務災害補償制度 PDF

・万一の労災事故に割安な加入費で対応します。
・従業員、下請負人コース加入で経営審査事項の加点評価の対象となります。(15ポイント)
・社長、役員、個人事業主は、24時間補償が可能です。
・すべての従業員、下請負人の業務上の事故を補償します。
・給付金は、政府労働保険の認定を待たずにお支払いします。
・各組合員1口の加入費(年額5,280円)は、組合負担で加入。予算額80万円

5.グループ共済制度 PDF

労働災害保険の上乗せとして、また、組合員の病気死亡、事故死亡(死亡保険金)不慮の事故による障害(障害給付金、入院給付金)等に備えています。
万一これらに該当する事態が発生した場合は、速やかに中部電協へ連絡してください。
・事業主及び従業員の遺族補償に役立ちます。
・団体一括加入の制度なのでお手軽な掛金で高額な補償が得られます。病気で死亡したとき100万円の保険金が支払われます。
・掛金は、損金または必要経費に算入できます。
・加入資格は、組合員及びその役員・従業員で満65歳6ヶ月以下の方が新規加入(継続加入のときは75歳6ヶ月以下)できます。
・各組合員1口分は組合負担で加入しています。(予算額150万円)

※年齢に応じ3つの掛金グループに変更

月:61歳以上1,230円
月:50歳以上630円
月:50歳以下360円

アクセスマップ

リンク集

中部電気工事業協同組合

中部電気工事業協同組合

中部電気工事業協同組合

所在地
〒904-2244
沖縄県うるま市字江洲675番地1
TEL
098-973-2520
FAX
098-974-4175